東京工業大学
ロボット技術研究会 2015年度新歓特設ページ


ようこそ!ロ技研へ

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。これから始まるキャンパスライフに期待を寄せている人も多いと思います。また、せっかく大学に入ったのだから、新しく何かしたい、何かを作りたい、楽しく自由な活動をしたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。

東工大公認サークル「ロボット技術研究会」はあなたのその意欲に応えます。

「ロボット技術研究会」通称「ロ技研」は、その名前の通りロボットの制作や研究はもとより、電子工作や機械工作、プログラミングなどの幅広い分野にわたるものつくり活動を行っています。さらに、特に部の活動日や活動内容には制約がありません。自分の好きな時間に、自分の好きなことに打ち込むことができます。

技術力に自信のない方も大丈夫!ロ技研は100人以上の部員がおり、人的資源が豊富です。分からないこと、知りたいことは先輩が教えてくれます。自分がやりたい事を相談するのも良いでしょう。

もちろん新入生だけではなく、2年生以上も歓迎します。またロ技研はインカレサークルであるため、他大学の学生も入部して活動できます。(インカレ生には部費の優遇制度があります。) 他の部活・サークルと兼部していても問題ありません!

まずはロ技研の新歓イベントに参加してその雰囲気を味わってみてください。皆さんのご参加をお待ちしています。

新歓イベント日程

大岡山キャンパス地図

入部説明会

ロ技研がどんなサークルなのかを説明します。

  • 日付:4月6, 8, 10日(月、水、金) 12:20 --- 場所:W331

新歓展示

日頃の部員の活動の成果を展示します。

  • 日付:4月8,10日(水、金) --- 場所:S516

技術系サークル合同説明会

東工大の他のものつくり技術サークルとの合同説明会です。

  • 日付:4月15日(水) --- 場所:ものつくりセンター展示ルーム

回路製作会

実際に半田付けを体験してもらって、簡単な回路を作ります。参加無料です。

  • 日付, 場所:4月部会後

新歓コンパ

ロ技研と各研究室の紹介があります。新入生は無料です。

  • 日付:4月17日(金)17:30 受付開始 18:00 開始 --- 場所:第一食堂

rogyゼミ

新歓展示で展示した物&技術についての発表会(勉強会)です。どうやって作品を作ったのかなどの話が聞けます。

4月部会

入部者・入部希望者は部会に参加してください。入部手続きができます。

  • 日付:4月22日(水) --- 場所:S221

ロ技研に入部するには

ロ技研に入部するには、入部届を提出する必要があります。入部届は4月部会に参加することで書くことが出来るほか、部室に来て手に入れることもできます。(部室に来れば4月部会以前の入部も可能です。)4月部会後も、随時部員を受け付けているので、入部したいと思ったらいつでも部室にどうぞ。

ロ技研の部費は半期8000円です。新入生の前学期は6000円に割引されます。また、インカレ生には半額割引もあります。くわしくはロ技研所属要項をご覧ください。

ロ技研の活動

ロ技研の目的

部の存在の目的は、主に部員の研究活動に関する相互扶助です。そのため、特に部全体で何かのコンテストを目標にするといった活動は一切行いません。様々な部員の研究や活動の記録が、そのままロ技研の研究・活動になります。

ロ技研の年間イベント

ロボット技術研究会では、東工大の大学祭「工大祭」と、春の新歓活動が年に2回の対外的な研究発表の場となりますが、各活動グループ単位でコンテスト(NHKロボコン、ROBO-ONEなど)への参加することも積極的に行われています。 また、ロ技研内部では年2回の「研究報告会」、小規模の勉強会である「rogyゼミ」もあり、お互いの技術力・知識を共有しています。

年間行事予定

(この他にも毎月の「部会」や、OB会、各種展示会・コンテストなどがあります。)

新入生向けイベント: F3RC

「ロ技研に入部したけど、何をすればいいのかわからない」「ロボットを作ったことがないので、技術を付けたい」……そんな人はF3RCに参加しましょう。

F3RCとは、9月に行われる複数の大学が合同で開催し、新入生の技術向上を目的として行うロボットコンテストです。機械工作、電子工作、プログラミングの初心者がロボットを作ることでそれらの技術を向上させることが目的です。

F3RCでは、各チーム5人程度にわかれて数台のロボットを制作します(上級生のアドバイザーが付きます)。ロ技研ではF3RCのために「機械講習会」「回路講習会」「マイコン講習会」などを開催し、初心者の方をサポートします。

毎年多くの新入生がF3RCに参加し、成績を残しています。詳しくはminicon wikiをどうぞ。

ギャラリー (クリックで拡大)

ロ技研の研究室

ロ技研では「研究室」(と呼ばれる小さな構成単位毎に自由に活動しています。)にわかれ、各研究室が独自にテーマを設けて研究活動を行っています。(この研究室は大学の研究室とは一切関係はありません。) 各研究室は各々の研究テーマにそって、種々のコンテストに参加したり、研究したりしています。

研究室の例

Maquinista
NHK 大学ロボコンに参加しております. チームとして活動しており,機械班と回路制御班に 分かれてロボットの製作を行います. ロボコンにおける技術的指導のほか,チームで作業 するにあたってのポイントも伝えていけたらと思います. なお,現在の人数は 20 人 (機械班 12 人回路制御班 8 人)です.
id研
id 研 id 研では主に電子工作をしています。 最近ではトランジスタだけで作った時計、 マイコンで作ったライフゲーム、高機能なスマ ホの充電器、玉乗りロボットなどの作品があり ます。 詳細はブログの「id 研」のところをみてくださ い
MST-lab (Metal Surface Treatment-laboratory)
本研究室は,金属表面処理法であるアルマイト加工 を用いた色鮮やかな作品の他,様々なロボットを 製作しています. 例を挙げると,二足歩行ロボットや鉄棒ロボットなど, デザイン性を追求したロボットがウリです.
たのしいロボット帝国
「個人で1台、好きなロボットを作ろう」をモットー に自由なテーマでロボットを作る研究室です。 学内や学外での展示イベントを目標に活動して います。 活動報告などはニコニコ動画やブログで紹介 していますので、是非ご覧ください。 blog mylist
RogyGames & RPG 王国
ゲームを制作している研究室です。 RogyGames では基本的に制作するゲームの ジャンルや目的などは決まっていないのに対し RPG 王国は、その名の通り RPG の制作に特化した 研究室となっております。 ロボットだけではなくゲームを制作したい方も歓迎 しているので興味のある方は是非!

ギャラリー (クリックで拡大)


これ以外にも様々な研究室・個人活動があります。詳しくはWikiの当該ページを見てください。

ロ技研の設備(部室)

  • エアコンプレッサー
  • グラインダー
  • 旋盤
  • 定盤
  • バンドソー
  • フライス盤
  • CNCフライス
  • 丸鋸盤
  • 3Dプリンタ
  • 手動曲げ器
  • 電動サンダー
  • オシロスコープ
  • 電子パーツストック
  • 電源装置
  • ファンクションジェネレータ
  • はんだごて
  • パソコン(2台)
  • プリンタ
  • 無線LAN環境
  • 冷蔵庫
  • 冷暖房
  • 書籍・技術書

など……是非一度見学を!